カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 犬は愛する家族を必死で守ろうとする。たとえそれが勘違いであったにせよ、飼い主にとってはうれしいものだ。

 おじいさんは孫娘の背中をマッサージしてあげていたのだが、犬のロスコーにはそれがいじめているように見えたらしい。

 目の前に座り「やめろ!嫌がっているじゃないか!」と言わんばかりに吠えまくるのだが、おじいさんは一向に止める気配がない。そこでロスコーは動いた!

【画像】 いじめてると勘違いした犬が助けに入る

 アメリカ、アラバマ州バーミンガムでの出来事。マッサージの得意なおじいさんは、孫娘の背中をマッサージしてあげていた。

 ところが、犬のロスコーにとってはこれがいじめにみえたようだ。両手で押すタイミングでワン!、話すと黙るが、また押すとさらに「ワン!ワン!」と吠えたてるのだ。2人のいる場所の近くから離れようとしない。

1

 何度鳴いても一向に手を止めないおじいさん。ロスコーはついに動いた。孫娘の元へと駆け寄ったのだ。孫娘に頭を撫でられなだめられるも

2

 おじいさんはさらにマッサージを続けていたため、ロスコーはベッドに上がり、おじいさんの手を直接制した。

3

 おばあさんの話によると、ロスコーは孫娘がおじいさんマッサージを受けるときは必ずこのように止めに入るという。だが、他の家族がおじいさんマッサージされていてもまったく気にしないそうだ。

 犬の真の主人は1人というが、間違いなくこの孫娘なんだな。

Doggie Doesn't Like Sister Getting Her Back Cracked

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

犬ってやつぁ(涙)マッサージをいじめていると勘違いした犬が、必死で少女を守ろうとする


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>