日本が中国に服従隷属した時、反日が終わる 「中華」に対する屈従と日本に対する病的な「反日」の共通点 - 国際ニュース掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com南関東版


NO.10015782
日本が中国に服従隷属した時、反日が終わる 「中華」に対する屈従と日本に対する病的な「反日」の共通点
日本が中国に服従隷属した時、反日が終わる 「中華」に対する屈従と日本に対する病的な「反日」の共通点
ソウルの西大門付近に、慕華楼(1407~1429)というものがあった。中国からの使節が来る時、朝鮮の皇太子をはじめとする高位層が、中国からの使節をうやうやしく出迎える場所であった。中国を懐かしがるという意味の「慕華」という言葉を名前にした場所である。以後、慕華楼は増築され、慕華館(1429~1896)となった。

そして、慕華館の前には、迎恩門(1539~1896)というものが建てられた。中国の使節を迎える門だった。中国からの恩恵を嬉しく受け入れるという意味の「迎恩」という言葉が名前に使われている。

このように、徹底して中国の属国だった朝鮮は、日本のおかげで、初めて中国の支配から抜け出すことになった。日清戦争(1894~1895)に伴う下関条約の第1条は、以下のように書かれている。

第1条 清国は、朝鮮国が完全無欠なる独立自主の国であることを確認し、独立自主を損害するような朝鮮国から清国に対する貢・献上・典礼等は、永遠に廃止する。

うんざりする中国の支配から抜け出したのを記念して、徐載弼(1864~1951)などの開化派は恥辱的な場所である迎恩門を撤去し、その場に「独立門」を建てた。同時に、慕華館を廃止し、独立館という名前に変更した。そして、「漢城」という恥辱的な首都名称も、1910年から「京城」に変わることになった。

【日時】2021年11月25日
【ソース】JBpress
【関連掲示板】







#3 [匿名さん] :2021/11/25 21:47

あのな~中国に資金援助から技術支援まで無償でしたのが日本政府な?

言ったどっからそんなご意見がでるのか?理解できんのだが?韓国人ヨ


#8 [匿名さん] :2021/11/25 22:35

>>3
い がぬけてる


#5 [匿名さん] :2021/11/25 21:48

韓国へ無償で技術支援やら資金支援したのも日本な?

恩を知らないでなんなのこの記事は

だからアホだと言われるんだよ?韓国人は


#6 [匿名さん] :2021/11/25 21:49

恩を隠すと言う国は韓国くらいだろ?

漫才か?この国は


#7 [匿名さん] :2021/11/25 22:19

韓国人が真実に辿り着くことは決して無い


#9 [匿名さん] :2021/11/25 22:41

日本はともかく、なんで反中にならないんだ? 千年単位で属国だよね?


#10 [匿名さん] :2021/11/25 22:59

朝鮮民族に自治能力ない。役人が威張って国が荒れる。中国から兵隊が来て鎮圧、建て直す。この繰り返し。