当サイトは、話題のニュースや芸能情報などに関する情報の5chやTwitterの声(天の声)をまとめています。

アニメ/ゲーム系全般

    mixiチェック

 小説『豚のレバーは加熱しろ』がテレビアニメ化されることが決定した。

【動画】清楚系ヒロイン×エロいブタ!CVが聴ける小説版のPV

 同作は、豚のレバーを生で食べて意識を失った、冴えないオタクの俺(主人公)が、異世界に転生したと思ったら、ただの豚になっていた。豚小屋で転がる俺を助けてくれたのは、人の心を読み取れるという少女ジェス。これはそんな俺たちのブヒブヒな大冒険…のはずだったが、ジェスは命を狙われていた。

 これは魔法もスキルも持たぬブタが、過酷な運命に囚われた少女を、知恵と機転と嗅覚で救い出す、第26回電撃小説大賞《金賞》受賞作の豚転生ファンタジー

『豚のレバーは加熱しろ』テレビアニメ化決定


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【【祝アニメ化】”眼鏡ヒョロガリくそ童貞”が活躍する異世界転生もの…『豚のレバーは加熱しろ』テレビアニメ化決定!】の続きを読む

    mixiチェック

 アニメ雑誌『アニメージュ』(徳間書店)の歴史を通してアニメ史を回顧する『「アニメージュとジブリ展」一冊の雑誌からジブリは始まった』が9日、大阪市北区の「はんきゅう梅田本店」で始まった。

【写真】『機動戦士ガンダム』映画化当時の誌面

 オープニングゲストとして声優・島本須美三鷹の森ジブリ美術館シニアアドバイザーの高橋望氏が登場し、展示を見ながらトークを行った。

 『アニメージュとジブリ展』は、1978年に創刊されたアニメ誌『アニメージュ』(徳間書店)を通して日本の80年代アニメシーンを回顧。元編集長の鈴木敏夫氏が立ち上げたスタジオジブリ作品の原画などの貴重な資料が楽しめるほか、『機動戦士ガンダム』や押井守監督作品など、歴史に残る名シーンが200点以上展示されている。

 高橋氏は、宮崎駿監督や富野由悠季監督らにふれ、「この時代の作り手がいて、ファンがいたからこそ、現在のアニメがある」と説明。なかでも「『機動戦士ガンダム』がないと『アニメージュ』はなかった」と指摘し、「『機動戦士ガンダム』がなければ『風の谷のナウシカ』は生まれなかったと、宮崎さんがそう言っていた」と明かした。

 また、高橋氏は「『機動戦士ガンダム』に携わった中村光毅氏が『風の谷のナウシカ』の美術スタッフもやったんです。メカや宇宙から腐海まで描いて、それだけ才能ある方がいたのが当時のアニメ業界だった」と振り返った。

 「『アニメージュ』の創刊が、アニメ業界に作家がいることを知らしめた」と語った高橋氏。今回、未来に向けた展示でもあり、「これからも新しい作家でどんどん出てくるともう。新しい作家の登場に期待したい」と思いをこめていた。

 東京、宮城・石巻を経て大阪で開催。来年1月10日まで開催される。

(左から)三鷹の森ジブリ美術館シニアアドバイザーの高橋望氏、島本須美 (C)ORICON NewS inc.


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【ジブリ美術館・高橋望氏、『ガンダム』がなければ「『ナウシカ』は生まれなかった」】の続きを読む

    mixiチェック


1 名無しでいいとも! :2021/12/05(日) 00:01:13.32

[新]テレビアニメ「鬼滅の刃」遊郭編【第一話『音柱・宇髄天元』】[字][デ]
12/5 (日) 23:15 ~ 0:15 (60分)
フジテレビ(Ch.8)

番組概要
第一話『音柱・宇髄天元』


【【2ch】[新]テレビアニメ「鬼滅の刃」遊郭編 第一話『音柱・宇髄天元』★1】の続きを読む

    mixiチェック


1 名無しさん必死だな :2021/12/05(日) 21:23:10.89

全日本国民が待ち望んでいた


【【2ch】今夜の鬼滅の刃完全新作の遊郭編❤、視聴率60%は超えるだろうな】の続きを読む

    mixiチェック


1 蚯蚓φ ★ :2021/10/29(金) 19:39:14.63


(出典 cphoto.asiae.co.kr)

「イカゲーム」の一場面[イメージ出処=聯合ニュース]

日本の有力経済メディア・日本経済新聞がネットフリックスの人気韓国ドラマ「イカゲーム」に出てくるゲームが日本由来と主張した。大部分は日帝強占期を通じて伝わったもので全世界的な「イカゲーム」の人気に時ならぬ元祖議論がおきている。

29日、日本経済新聞のソウル支局長・鈴木壮太郎の「韓国ドラマ「イカゲーム」が映す日本の残影」というコラムで韓国の子供たちの伝統遊びの根は日帝強占期だと主張した。代表的なのが「ムクゲの花が咲きました」で日本名は「ダルマさんが転んだ」であり、ルールと旋律が同じで歌詞だけ違うと紹介した。

彼はこのような主張を韓国のイム・ヨンス燕岐郷土博物館長の発言を引用して裏付けとした。イム・ヨンス館長は「日帝強占期の子供たちが「ダルマさんが転んだ」という遊びを日本語で遊んだいるのを見た独立活動家が同じ旋律でセリフを「ムクゲの花が咲きました」に変えて広がった」と話した。

ムクゲの花が咲きましただけでなく、タッチチギ(めんこ)、グスルチギ(おはじき、ビー玉)、タルコナ(カルメ焼き)ゲーム(型抜き)などは全て日本人になじみがあり、特にドラマの題名になった「イカゲーム」もやはり日本が元祖だと主張した。

コラムは「イカ ゲームは地面にS字を描き、お互いの陣地を攻撃する遊びで日本が元祖という説がある」として名称の類似性もこれを後押しすると付け加えた。

日本経済新聞はイム館長を引用して韓国の教科書がこのような遊びをどのように記述しているのか調査した結果、133種の教科書のうち日本由来という記述は一つもなかったとも伝えた。イム館長は27個の遊びについて日本の遊びであることを記述するよう教育庁に要請し、国定教科書に対しては修正に着手したと分かった。

それと共にコラムは韓国語と日本語の間の類似性、反対に中国から韓半島を経て到来した文化が日本文化として定着した事例などをあげながら東北アジアの長い歴史を通じて韓国と日本、中国は互いに影響を受けていると言及した。

コラムは「このような部分まで考えさせるコンテンツを作ったのが米国のプラットホーム企業で、全世界で視聴されている現実も興味深い。ドラマの様な残忍な遊びは嫌だが、世界の道で「ダルマさんが転んだ」を聞くことになるなら、これもまた今日の文化伝播だろう」と終えた。

クォン・ジェヒ記者

ソース:アジア経済(韓国語)'イカゲーム'人気に…日有力言論"日本で由来した伝統遊び"主張
https://m.asiae.co.kr/article/world-all/2021102909470095689

関連記事:日経<韓国ドラマ「イカゲーム」が映す日本の残影>
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM26BRD0W1A021C2000000/


【【韓国ドラマ】「イカゲーム」に登場するゲームは日帝強占期に日本から伝わったものであるらしい】の続きを読む

このページのトップヘ