当サイトは、話題のニュースや芸能情報などに関する情報の5chやTwitterの声(天の声)をまとめています。

癒し系記事

    mixiチェック
ブログネタ
【公式】あなたのペットを自慢して! に参加中!
image_5179
image_5181
image_5141

    mixiチェック
image_5179
image_5181
image_5141

    mixiチェック

 生後20日目のウサギ赤ちゃんが、手のひらに乗ったまま寝落ちしてしまう動画がYouTubeに投稿されています。あまりのかわいさに心がとけちゃいそう。

【画像:寝落ちする赤ちゃんウサギ】

 小さなおまんじゅうくらいの大きさで、すくすくと成長中のウサギ赤ちゃん。まだ目が開いたばかりの頃で、ちっちゃなツノみたいなお耳もあいらしいです。

 投稿主さんの手の上に乗ると、暖かくて落ち着いたのか、そのまま「スヤァ……」と夢の中へ。その安心しきった様子と尊い寝顔を見ているだけで、あたたかい気持ちになって癒やされるのを感じます。

 宮城県仙台市にあるブリーダー直営うさぎ専門店「うさぎ村」のYouTubeチャンネルにて公開された動画で、赤ちゃんネザーランドドワーフという品種のウサギさんです。ちなみに双子の男の子兄弟。

 お母さんウサギの「クレール」ちゃんにとっては初めての赤ちゃんでしたが、子育てに関して特にトラブルもなく、親子で仲良く過ごす日常を見ることができます。ママにくっついて耳をハムハムする赤ちゃんの姿がまたかわいらしい。

 そんな赤ちゃんだった双子兄弟は現在生後1カ月を過ぎ、お目々もパッチリ開いて、食事も大人と同じ牧草がメインになったりと、順調に大きくなっています。初めてお部屋内でお散歩する動画では、トンネルで遊んだり、元気に跳んで動き回ったり!

 YouTubeうさぎ村ch」では、他にも6つ子の赤ちゃんが誕生したウサギさん親子の動画などが公開中。かわいい赤ちゃんの写真やお迎え可能な子の情報は、WebサイトおよびTwitter(@usagi_mura)/Instagram(@usagi_mura)で公開しています。

画像提供:うさぎ村chさん

手のひらサイズの赤ちゃん


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【ウサギの赤ちゃんを手の上に乗せると…… あたたかさにスヤァと寝落ちする姿がたまらなくかわいい】の続きを読む

    mixiチェック

カラパイアの元の記事はこちらからご覧ください

 狼の世界では、子育ては家族全員で協力して行うのがあたりまえだ。先に生まれたきょうだいは、親に代わって弟や妹の面倒を見る。

 親を手伝う為、兄さんお姉さんが、小さな子に餌を食べさせたり、遊ばせたり、時にはこんな風に、自分の体をベッド代わりに弟に使わせる。

 その小さな体を振り落とすことなく、気遣いながら、起こさないように静かに横たわるメキシコオオカミおねえさん

 そこにはきょうだいの深い愛情に満ちた時間が流れている。

For a wolf pup, the comfiest bed is your big sister 🐺

 メキシコオオカミは、アメリカ南部、メキシコに生息していたが、ほとんどの地域で絶滅状態にある。

 ニューヨーク州サウスセーラムにある非営利団体のオオカミ保護施設、「WCC」では、メキシコオオカミの種の保存計画に参加し、飼育下での繁殖を試み、野生に定着させることを支援している。

 また、狼についての正しい知識を身に着けてもらう為、一般の人を対象にした教育も行っており、その一環としてセンターにいるメキシコオオカミたちの様子を「Youtubeチャンネル」で紹介している。

 狼の世界では、家族が協力して子育てをする。親に代わってお兄さんお姉さんが幼い弟や妹の面倒をみるのだ。

・合わせて読みたい→オオカミは人類の最良の友となりえる。タイリクオオカミに関する22の興味深い事実

 背中に乗ってきた弟をどかすことなく、ベッドとして使わせてあげているお姉さん。弟はお姉さんの背中の上で安心しきった様子ですやすやと眠る。

1

 狼の家族の絆はとても強い。お姉さんは弟の様子を気遣いながら、弟のお昼寝が終わるまで、じっと体を横たえている。

2

 お姉さんにしてもらったことは、弟にも継承され、大きくなったらお姉さんと同じように、自分のきょうだいたちの面倒を見るようになっていくのだろう。

 
画像・動画、SNSが見られない場合はこちら

やさしい世界。幼い弟に自分の体をベッドとして使わせるお姉さんオオカミ


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【やさしい世界。幼い弟に自分の体をベッドとして使わせるお姉さんオオカミ】の続きを読む

    mixiチェック

「終わった…」動物病院でヘコむ柴犬に励ましと爆笑の声が殺到「がんばれー」「まるで護送される犯人w」 - ニュース総合掲示板|ローカルクチコミ爆サイ.com南関東版


NO.10047245
「終わった…」動物病院でヘコむ柴犬に励ましと爆笑の声が殺到「がんばれー」「まるで護送される犯人w」
「終わった…」動物病院でヘコむ柴犬に励ましと爆笑の声が殺到「がんばれー」「まるで護送される犯人w」
「動物病院に連れてこられてうなだれている犬です」とつぶやき、1枚の写真をツイッターに投稿した、犬さん(@sss_inu)。そこに写っていたのは、車のなかでしょんぼりとうなだれている柴犬の後ろ姿…。

楽しいドライブの到着先が苦手な動物病院だと悟り、明らかに落ち込んでいる柴犬さんの姿に、「うちの子と一緒」「みんなこうなるんですね」「肩を落としてる姿が可愛いです。診察が早く終わるといいね。がんばれー」と、犬飼いさんたちから共感と励ましのリプライが殺到しました。

「犬『終わった...』」
「うなだれかたがすごい!!」
「お気持ちお察しいたしますm(_ _)m」
「ごめんね…笑っちゃったよ…」

「まるで護送される犯人のようで吹いたw」という声も寄せられていたのは、1歳になる柴犬の男の子、麦くん。子犬時代、その可愛さで、お迎え3日にしてお父さんをダメにしてしまい、世界中から注目を集めた柴犬くんです。

果たして、麦くんはこの後おとなしく車から降りてくれたのか?そして、3日でダメになったお父さんと麦くんの関係はその後どうなったのか?飼い主の犬さんにお話を伺いました。

【日時】2021年12月08日 16:30
【ソース】まいどなニュース
【関連掲示板】

【犬「終わった…」動物病院でヘコむ柴犬に励ましと爆笑の声が殺到「がんばれー」「まるで護送される犯人w」】の続きを読む

このページのトップヘ