当サイトは、話題のニュースやエンタメ・芸能などに関するネットの声(天の声)をまとめています。楽しんでってね♪

エンタメ

    mixiチェック

 芸能人と遜色ない存在感を放つキー局女子アナたちも、実際はいち会社員である。一般企業と同様、社内で激しいつばぜり合いを演じ、いかにして勝ち残ってきたのか。

 入社以来、40年近く経つが、まさに絵に描いたような出世を遂げてきたのは、日本テレビ木村優子アナ(61)だ。若い頃よりバラエティー番組から報道番組まで幅広く活躍し、その後は報道局解説委員や広報局宣伝部次長、コンプライアンス推進室視聴者センター部長など要職を任され続け、10年からアナウンス部の部長に就いた。同局の番組スタッフが語る。

「実績に加え、氏家齊一郎元会長の寵愛を受けていたことで出世コースを歩んできました。一方、アナウンス部長時代は絶大な権力を持ち、部下への指導の厳しさから『女帝』と呼ばれていた。西尾由佳理アナや宮崎宣子アナらの退社ラッシュがあった時は、木村部長との軋轢も噂されました」

 14年6月に他部署への異動が発表されると「女帝も都落ちか?」と局内外で話題となったが、その後も同局の関連会社である株式会社J.M.Pの代表取締役社長や株式会社日テレベンツの専務取締役などを務めた。

アナウンス部長を退いてからも、アナウンサーを育成する『日テレ学院』の学院長を任されるなど、その指導は厳しいながらも評価はされていた。女子アナの過度なタレント化には反対する立場の人ですね」(番組スタッフ

女子アナたるもの」を体現するがゆえの出世街道か。

 続いて、フジテレビ西山喜久恵アナ(53)も着実に地位を築いてきた。フジ黄金期を支えた女子アナの1人だが、今なお番組への出演を続け、今夏にはアナウンス室の局次長職に昇進している。

 女子アナ評論家の丸山大次郎氏が言う。

バラエティースポーツ、報道など何でもしっかりとこなし、番組に出続けられる存在感や実力を考えれば出世するのも当然かと。50歳を超えたアナウンサーテレビに映って『あっ、きくちゃんだ!』と自然に思わせるのは、すごいことだと思います」

 5位にランクインのTBS江藤愛アナ(36)は昨年、入社12年目にしてエキスパート特任職トップスペシャリストの座に就いている。

「若手の頃は同期の田中みな実アナの陰に隠れていた印象はあるものの、堅実に実力を蓄えてキャリアを積んできました。落ち着いたアナウンス力や進行のうまさは、まさに縁の下の力持ちを地で行くタイプ。それが認められて、彼女の年齢では異例となる課長職相当に抜擢されました。偉業だと思います」(丸山氏)

 6位の日テレ水卜麻美アナ(35)も同様に出世が早かった。19年、30代前半にしてアナウンス部で副課長待遇の副主任に昇格。丸山氏が語る。

大食いロケで知名度を上げて、バラエティー番組での活躍も知られていますが、進行や仕切りだけではなく、アナウンス力やナレーションなど総合力の高い実力派でもあります。原稿を噛むことはなく、テンポもいいですし、番組をうまく回しながら、引くところは引いて出るところは出る。硬軟両方を任せられます。日テレは女性が出世できる環境でもあり、未来のアナウンス部長も期待できそうです」

 ところで、ランキングには入っていないが、先の木村アナのように、他部署で功績を上げて成功するケースもままある。フジでその傾向がよく見受けられるようで、春日由実元アナ(47)が広報部部長、藤村さおり元アナ(49)が経済部部長、森本さやか元アナ(44)が人事部部長の要職に就いている。

 18年に竹林不倫が発覚した秋元優里元アナ(38)も、翌年に部署異動を経験しているが、海外ドラマプロデューサーとして活躍。現在は編成制作局編成ビジネスセンターグローバル事業部主任という肩書が付いている。女子アナの出世争いに明るい、ライターの張本茂雄氏によれば、

「不倫後に出世とはなかなか珍しい。和泉洋人元首相補佐官との『コネクティングルーム不倫』で有名になった厚生労働省の大坪寛子審議官ぐらいですよ。大坪氏はコネクト不倫後もお相手の威光もあってか、絶大な権勢を握る厚生労働官僚として、コロナ対策も担当しました。そう考えると秋元アナが現在も出世街道を歩んでいるのも、不倫相手の社内政治力が強かったからでしょうか」

 局のために身を粉にして働けば、出世コースは様々に用意されているようだ。

■局内出世ランキング

1位:木村優子日本テレビ)10年にアナウンス部長に昇進すると、日テレ学院長、J.M.P代表取締役社長など関連会社の要職を歴任

2位:西山喜久恵フジテレビ)フジ女子アナ黄金時代を経て、並みいるライバルたちを差し置き、アナウンス室局次長職に君臨して現役で活躍

3位:大下容子テレビ朝日)20年、役員待遇のエグゼクティブアナウンサーに昇格。冠番組「大下容子ワイドスクランブル」も放送中

4位:井田由美日本テレビ)入社以来、報道畑で長らくキャスターとして活躍。13年にアナウンス部専門部長に就任。定年後も在籍し、現役

5位:江藤愛TBS)21年、社歴12年目にしてエキスパート特任職トップスペシャリストに昇進。女性アナとしては異例の早期出世

6位:水卜麻美日本テレビ)独立が囁かれ続ける中、19年、副課長待遇の副主任に就任。朝の情報番組で女性として初の総合司会を務める

7位:小川知子TBS)同僚が相次いで退社する中、報道中心に活躍し、NY支局も経験。21年、部長に昇進してアナウンス業は休止

8位:森田美由紀NHK公共放送の看板たるニュース番組のキャスターを歴任。エグゼクティブアナウンサーの局次長級に上り詰めた

9位:下平さやかテレビ朝日スキャンダル報道にもめげず、エグゼクティブアナウンサーの担当部長まで昇進。15年に長野久義と結婚した

10位:鈴江奈々日本テレビ)若手時代はアイドルユニットを組まされ、その後はスポーツ、報道とバランスよく活躍した。報道担当副主任に

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【歴代人気美女アナ「成り上がり」ランキング〈局内出世争い〉日テレ・水卜麻美は未来のアナウンス部長も】の続きを読む

    mixiチェック

 リスクを恐れずにテレビ局社員という安住の地を離れた末、世間も驚く大成功を収めた女子アナたちがいる。独立美女たちの成功譚を振り返ろう。

 数多い退社組の中でも、政界への華麗なる転身を遂げた元テレビ朝日丸川珠代氏(51)は目を引く。

 丸川氏は93年に入社すると東大出身の美人アナとして頭角を現した。それが07年に一転。当時の安倍晋三首相の意向により、自民党から参院選に出馬すると見事に初当選したのだ。

 15年に環境大臣兼内閣府特命担当大臣で初入閣すると、オリンピックパラリンピック担当大臣や自民党広報本部長などの要職を歴任し、女性議員の中でもひときわ存在感を放っている。

 ちなみに、局アナ時代の98年に同局プロデューサーとの不倫疑惑が浮上したが、同局局員はこう話す。

「とにかく局上層部のウケがよく、局内では無類のオヤジ殺しとして名を馳せていました。その後のニューヨーク勤務も、不倫騒動によるバッシングから守るために上層部が温情措置を取ったなんて噂も流れた」

 当時から実力者にかわいがられるという、政治家として大成する片鱗を見せていたようだ。

テレ朝時代はクール系美女として活躍しました。情報番組のロケでたこ焼きを食べて、熱さで喉をヤケドしながらも食レポをやり切り、病院に搬送されて入院したエピソードが印象深い。この根性があるからこそ、政治家として成功したのではないでしょうか」(丸山氏)

 この先、政治家としてどこまで飛躍するのか気になるが、息の長い活躍といえば、NHK出身の女優・野際陽子さんにはかなわないだろう。

 17年に81歳で亡くなった野際さんは、初代「ミス立教」に選ばれるなど学生時代からその美貌が知られ、58年にNHK入局。同局きっての美人アナとして約4年間活躍後、フリーアナの期間を経て女優に転身したのだ。

 芸能ジャーナリストの竹下光氏がその功績を称える。

テレビ局の局アナが若くして独立することは、当時珍しく、フリー女子アナの先駆者とも言われます。女優転身後には憧れだったパリ留学を果たしますが、帰国した際に着用していたミニスカートが大流行したことから、今で言うファッションアイコン的な存在でもあったのです」

 野際さんに追随するアナ出身女優として、丸山氏が名前を挙げたのは田中みな実(35)である。

「女優として成功したと言えるアナウンサーは、野際陽子さんが筆頭で、それ以降も女優業をやった方はいましたが、成果を出したとは言い難かった。そういう意味で、久しぶりに野際さんに迫るかもしれないと思えたのが田中です。局から求められたブリッコキャラをしっかりこなし、辞めてからは美の伝道師的な感じでセルフプロデュースするなど、そもそも女優向きだったのかもしれませんね」

 すでに主演映画も公開された田中だが、写真集のバカ売れやCM出演、アパレルブランドとのコラボなど、収入面でも荒稼ぎ状態だ。

 異色の転身といえば、元フジテレビ菊間千乃(50)は、今や弁護士として多くのテレビ番組に出演している。

「逆転劇」だと感じるのは、退社までの経緯があるからだろう。局アナ時代の05年7月、番組で共演していたジャニーズグループの未成年メンバーと同局スポーツ局社員との食事会に参加。未成年に飲酒を勧めたとされて全番組を降板することに。張本氏は憤る。

「これは完全に貰い事故で、スタッフが悪い。菊間は当時から上下関係を感じさせないフランクな進行が好評で、フジを背負って立つ逸材でした。ところが、ジャニーズファンからのバッシングにフジが屈した感じで、全番組を降板するという憂き目に遭った。それをバネに司法試験に合格し、フジの顧問弁護士になったのですから、リベンジでしょうね」

 さて、10位の仲條亮子氏(54)の名前でピンと来た方は多くないかもしれない。彼女はテレビ東京の元契約アナウンサーで、現在はキリンホールディングスの社外取締役YouTube日本代表Googleの執行役員などを歴任する、立身出世を絵に描いたような人物なのだ。丸山氏も舌を巻く。

テレ東でのアナウンサー歴は2年ほどと短いですが、その後に米系金融経済情報通信社のブルームバーグテレビジョン日本語向けテレビ放送部門に入社。97年に日本語放送を行う日本法人の社長に抜擢されます。退社後も様々な大手企業で存在感を放っていますが、経歴だけ見ればこれだけ華々しい活躍の元女子アナはいないでしょう」

 フリー女子アナ戦線が激化する昨今だが、偉大なる先人たちを超える女傑は生まれるだろうか。

■独立出世ランキング

1位:丸川珠代(元テレビ朝日)07年、参院選に出馬して初当選。15年に環境大臣で初入閣すると、東京五輪ではオリンピック担当大臣も務めた

2位:野際陽子(元NHK)アナ出身女優として50年以上も活躍。「キイハンター」「ずっとあなたが好きだった」などのヒット作に出演

3位:有働由美子(元NHK)18年にNHKを退社すると、「news zero」のキャスターとして現在まで不動の地位に。年収は4億円超とも

4位:田中みな実(元TBS)19年発売の写真集が空前のヒットを記録。美のカリスマに君臨し、女優としてもすでに映画で主演を果たした

5位:竹内香苗(元TBS)12年、夫のブラジル赴任同行で退社。帰国後の20年、SBIホールディングス独立社外取締役に異例の就任

6位:小川彩佳(元テレビ朝日)古巣で干されかけていた19年に退社し、前出演番組の裏となるTBSnews23メインキャスターの座に

7位:菊間千乃(元フジテレビ)未成年アイドルとの飲酒問題で謹慎後、07年に司法試験合格を目指し退社。見事合格し、弁護士として各局に出演

8位:木場弘子(元TBS)07年の内閣府「規制改革会議」委員を皮切りに、農水省内閣官房国交省環境省文科省など省庁の委員歴任

9位:魚住りえ(元日本テレビ)11年より「魚住式スピーチメソッド」を開始し、説得力ある話し方を講義して好評を博す。著書は5冊にも及ぶ

10位:仲條亮子(元テレビ東京)89~91年までの契約アナで例外だが、現在はYouTube日本代表Google執行役員などを務めている

アサ芸プラス


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

【歴代人気美女アナ「成り上がり」ランキング〈フリー転身〉“オヤジ殺し”丸川珠代は政界入り15年で大臣歴任】の続きを読む

    mixiチェック

🎤吉岡里帆、「大事な報告です」の投稿にファン歓喜! 「そりゃ欲しいでしょ!」「笑顔やばいな」 - 芸能ニュース掲示板|爆サイ.com南関東版


吉岡里帆、「大事な報告です」の投稿にファン歓喜! 「そりゃ欲しいでしょ!」「笑顔やばいな」
俳優の吉岡里帆さんは9月30日、自身のInstagramを更新。写真集の発売報告をするとともに、かわいい姿の写真を公開しました。

■「里帆ちゃん写真集おめでとうございます」
吉岡さんは「大事な報告です。1月15日。10周年30歳の節目を迎えるにあたり、何か特別なことが出来ないかと沢山の方が考えて下さいまして…初めての密着写真集が発売されることになりました」とつづり、自身の写真を2枚載せています。1枚目はカジュアルなきれいめのファッションで、ボートに乗り、体育座りで目を閉じている姿です。自然の中でリラックスしている雰囲気が伝わってきます。2枚目は浴衣を着て、カメラに笑顔を見せる姿です。とてもかわいらしいですね。

コメントでは、「そりゃ欲しいでしょ!」「買いまーす」「必ず予約するよー」「里帆ちゃん写真集おめでとうございます」「これは欲しいねぇ~」「楽しみにしています!」「笑顔やばいな」「かわいい 最高」と、さまざまな声が上がっています。

吉岡さんの写真集『Wアニバーサリー写真集』(タイトル仮)は、2023年1月15日に発売予定です。通常版とスペシャルBOX版があり、後者は予約期間が2週間限定(2022年10月13日23時59分まで)の完全受注生産となっています。2023年1月15日は吉岡さんの30歳の誕生日ということもあり、“初めての密着写真集”が発売される運びとなったようです。気になる人は、ぜひチェックしてみてくださいね!

【日時】2022年10月02日 17:35
【ソース】オールアバウト

【【芸能】吉岡里帆、「写真集発売の報告です」の投稿にファン歓喜!】の続きを読む

    mixiチェック

🎤中川翔子“一晩250万円の谷間”!ドアップぱっくりフル露出で伝説の動画超え!? - 芸能ニュース掲示板|104レス|爆サイ.com南関東版


中川翔子“一晩250万円の谷間”!ドアップぱっくりフル露出で伝説の動画超え!?
タレントの中川翔子が、一泊約250万円のスイートルームに宿泊する様子を、9月26日に自身のYouTubeチャンネルで公開。胸元がざっくり開いたミニ丈の白いワンピースではしゃぎまくり、豊満なバストの谷間をこれでもかと見せつけている。


「【ひとりホテル】超高級ホテルに一人で泊まってみました!」と題した動画で中川が宿泊したのは、東京・芝公園にあるホテル「ザ・プリンス パークタワー東京」。同ホテルで毎年ディナーショーを開催している中川が芸能活動20周年を迎えたことを記念し、ホテル側が招待したようだ。


案内された部屋は、32階のロイヤルフロアにある「レインボーロイヤルスイートルーム」。同ホテル最高の部屋で、面積は325.0㎡、客室の中にはバーカウンターやキッチン、2つのベッドルームを備え、一泊の宿泊費はなんと254万7655円(宿泊税別)だという。


ベッドダイブで太ももをサービス

最高級の部屋に案内された中川は「えっ、いいんですか!?」と動揺。メインルームに入ると、「広っ!」「意味がわかんない! ここ日本!?」と驚きの声を上げていた。


「最初の見どころはベッドルーム。それまで手に持って自撮りしていたスマホをデスクに置いて画角調整する時に、豊満なバストの谷間がドアップになるんです。さらに、ベッドに飛び込む際には太ももとスカートの奥までサービス。寝転んでも、まん丸の2つの乳山は形崩れせず、ふかふかのベッドから突き出しています」(芸能記者)


他にも、メインルームのソファーに寝転び、両脚を上げ下げする腹筋運動でも太ももがあらわに。


「ルームサービスで料理やケーキを..


【日時】2022年10月01日 17:30
【ソース】週刊実話Web
【関連掲示板】

【【速報】中川翔子が“一晩250万円の谷間”を公開】の続きを読む

    mixiチェック

🎤奥野卓志氏が〝花束騒動〟に本音「品行下劣なのは誰なのか」 高岡蒼佑と緊急対談 - 芸能ニュース掲示板|27レス|爆サイ.com南関東版


奥野卓志氏が〝花束騒動〟に本音「品行下劣なのは誰なのか」 高岡蒼佑と緊急対談
フロイド・メイウェザー(45)への〝花束投げ捨て〟騒動で、大炎上している「ごぼうの党」の奥野卓志代表(48)と元俳優の高岡蒼佑(40)が緊急対談した。日本で最も叩かれている男に、かつて芸能界の爆弾男として辛酸をなめた高岡が斬り込み、謝罪直後の奥野氏の〝本音〟を引き出した。 

異色のコラボは花束騒動で日本中からフルボッコになっていた奥野氏に高岡がインスタグラムで「今回のことをきっかけに奥野さんがどういう人なのかを知ることはマイナスにはならない」と寄せたのがきっかけだ。

高岡は騒動前から、奥野氏のさまざまな主張をSNSに引用。それを知っていた奥野氏は初対面ながらも「男気のある、まっすぐな人がいるとお見受けしていた」とすぐさま意気投合。ウソ偽りない本音トークが繰り広げられた。

奥野氏は29日に人気ユーチューバー・ヒカルの番組に出演し、「私のやった行為があの場に適切ではなかった。謝罪をさせていただきたい」と花束騒動で頭を下げていたが改めて、行動に出た真意を高岡に明かした。

メイウェザーは2018年の大みそかに那須川天心との試合当日に富士山登山を希望したり、試合直前に天心のバンテージを巻き直させ、アップさせないなどやりたい放題。体重差やルール問題も含めて、何も言えない天心に同情した奥野氏は「ものすごい憤りを感じていた」と思いをため込んでいたという。

メイウェザーが過去に内縁の妻への暴行罪で逮捕された過去を挙げ、「(花束騒動で)RIZINの榊原さんが『品行下劣な男をリングにあげてしまった』と言っていたが、女性に手を出すことも含めて、本当に品行下劣..

【日時】2022年09月30日 05:16
【ソース】東スポWeb

【【芸能】奥野卓志、「品行下劣」と言われて実はキレていた】の続きを読む

このページのトップヘ